足の皮膚から見える血管

女性

下肢静脈瘤を予防するには、立ち時間をできるだけ抑えること、立っていても適度に足の運動を行うことが必要です。浮腫み防止の弾性ストッキングを着用するのも効果的です。下肢静脈瘤では静脈瑠性潰瘍という皮膚の病気になることがあり、下肢静脈瘤自体の治療を優先することが必要です。

足のむくみに注意する病気

先生

下肢静脈瘤は聞き慣れない病名ですが、足のむくみや色素沈着、就寝時に足がつったりするのも症状の1つです。皮膚に潰瘍ができたり、美容的にも悩ましいので治療が必要です。人気があるのは日帰りが可能な手術方法です。日常生活を普通に送れます。

女性に多い下肢の病気

先生

下肢静脈瘤とは静脈内の弁が故障して血が逆流し、うっ血を起こすことで静脈が肌の表面に浮き出る症状をいいます。遺伝や長時間の立ち仕事など原因はさまざまで、重症化すると危険な場合もあるので早めに医療機関を受診することが重要です。

スカートがはける足へ

下肢静脈瘤の名医を知りたくありませんか?今抱えている病気の症状を著しく改善します!治療効果はこちらでCHECK!

成功率が高い手術によって脳動静脈奇形を完治させる事が出来ます。多くの患者から利用されているコチラの病院にご注目ください。

手術も検討しやすくなった

女性

下肢静脈瘤は下半身の静脈の便が壊れて、血が心臓へ戻っていかないために、血が静脈にたまってしまった病気です。かかってしまったからといって、命にかかわる病気ではありません。しかし、よく足がつったり、足がだるくなったり、ひざの裏やふくらはぎに静脈の青い線がぶくぶくと蛇行してスカートをはくのが恥ずかしくなったりします。悪化すると皮膚の潰瘍をおこします。下肢静脈瘤を治療するには弾性ストッキングをはくことと、硬化療法、手術になります。手術には高位結紮やレーザー手術になります。最近になって保険が適用されるようになったので、手術を受ける人も増えています。手術するからには名医に見てもらい、痛みなく、きれいな足に戻したいです。

良いお医者さんに出会う

下肢静脈瘤の手術が保険適用になったこともあり、広告やネットなどでも宣伝をよく見かけるようになりました。最新の設備で、名医に手術してもらえれば痛みもなく、スカートも気兼ねなくはける足を取り戻せます。名医とは、下肢静脈瘤についてきちんと説明してくれること、手術や治療方法、治療費についてはっきりと説明してくれること、今までの治療実績が多数あることがあげられます。最新の情報でなく、治療しなくてもよいという昔ながらの医者ではだめですし、自由診療を勧めてきたり、費用がはっきりしない場合も危険です。今では下肢静脈瘤専門の病院などもあります。口コミなどを確認した上で、名医を探して自分に合った治療方法で治療してもらいましょう。